二重じゃダメなんですか!?蓮舫まさかの二重国籍


ワシです、先日民進党の代表選の話をして束の間…
党代表候補の蓮舫にまさかの二重国籍疑惑が浮かんできましたね。
まぁ代表選で選ばれることはないだろうという予想の遥か斜め上をいくスタイル…さすがは民進党といったところか(笑)

そもそもこの二重国籍というのは二国間の国籍を持っているということで、今回の蓮舫氏の場合は台湾籍の父と日本籍の母親の間に生まれたため日本と台湾で二重の国籍を持っていたということ。

今回はこの蓮舫氏の二重国籍問題に関して今後どのような事態が予測されるかを考えていくで~

 

日本では多重国籍は認められない


そもそも日本では「国籍単一の原則」というものがあり国籍法に則って考えると、蓮舫氏は22歳になるまでに日本籍・台湾籍どちらかを選択しなければならなかったということになる。

今回の疑惑で争点になっているのは

「そもそもこの国籍選択をしたのか?」

ということ。

また選択しているが台湾籍が放棄されていない可能性があるということで二重国籍疑惑が浮かび上がったというもや。
この辺に関しては今後本人からの発信がないとわかりにくいとこやな。

 

 

国籍選択をしていない可能性


蓮舫氏の場合22歳までに国籍選択をしなければいけなかった訳やが、仮にこの国籍選択自体をいまだにしていなかったという可能性はあるのか?

そもそもこの選択期限を過ぎるとどうなるのかやけど?
これは実質的に二重国籍を持ったままということになるんや。

一応選択期限が過ぎた場合法務大臣から国籍選択の催促が行われるという規定やが、過去にこの催促を受けた二重国籍の人はいないというのが実態なんや…

つまり期限が切れても特に問題なく二重国籍のまま過ごすことができるわけや(笑)

この辺が今回の蓮舫氏にとっては逃げ道かもしれんな、
「忘れていた」や「選択したつもりだった」・「確認・催促がなかったから」

いろいろ言い訳ができそうや(笑)

 

 

二重国籍であることのメリットは?


ここで気になるのが二重国籍であることのメリットやな、これに関してやけど世界的に見ても二重国籍を認めている国というのはあまり多くないんや。
まぁこれは多国間での問題があった場合にどちらの法を優先するのかであったり、いろいろ問題が出てくるからやが…

特に主権に関しての問題が今後非常に大きくなるんやないやろか、要はどちらの国でも参政権が認められるという状況が今まで続いていたことになるからな。

まぁ二重国籍のメリットとしては

・二国間の行き来にパスポートが不要になる
・相続税に関して二国間での適用範囲が異なる(安い方選べる可能性がある)
・二国間での参政権

まぁ他にもベーシックインカム等色々あるんやが現状の蓮舫氏の場合はこんな感じか。
これらの権利を二重国籍を未だに持っていて行使していたかで今後の対応も変わってくるやろな。

 

img_7-crop

蓮舫氏が受ける罰則は?


今回の疑惑が本当で、いまだに二重国籍だった場合に蓮舫氏が受ける罰則はあるのか
これに関して法的には無いんじゃないかと思われる。

先ほども書いたように22歳までに国籍の選択をしていなかった場合現状では二重国籍のまま過ごすことができる形になってる。
国籍法の規定には
「期限までに選択しておらず、法務大臣の催促を受けてなお国籍を決めなかった場合にのみ日本国籍を剥奪する」
ということになってるんやが。
ただ実質今まで催促を行った事例は無いため、仮に今回の騒動を経て法務大臣から国籍選択の催促をされてもその時に日本国籍を選べば特に罰則を受けることは無いというわけや…

まぁそうなった場合は政治家として何らかの責任を求められるの目に見えてるけどな(笑)

しかし野党第一党の代表候補選に名を連ねた政治家が他国の国籍を保有していた可能性があると考えるとかなり危機感があるな…

野党第一党のトップということは世が世なら民主党政権のように総理大臣にまでなる可能性があったというわけやからな。
まぁ蓮舫に関してはありえんやろうが。

今回は台湾籍ということやけどもし仮にこれが特定アジア(中・韓・北朝鮮)やったとしたらヤバかったな(´・ω・`)

ここまで来たらもう再起不能やろうし、記者会見では是非

「二重(国籍)じゃダメなんですか!?」

といっていただきたい!


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.