北朝鮮ミサイル精度の向上、核実験により脅威が現実的に…


 

先日北朝鮮が5度目の核実験を行ったとして世界的にも問題になっている北朝鮮。
今までも核実験を繰り返してきたが今回は一味違う、というのも今年に入って北朝鮮のミサイル精度がかなり向上してるからなんや。

今年だけで21本のミサイル発射


北朝鮮は今年だけで21本のミサイルを発射しとる、
その中でも今月5日に発射した3発のミサイルが北海道西方沖の排他的経済水域に着水したんや。
ほんでこれが3発ともほぼ同じタイミングで着水、集弾性も高かったことから北朝鮮のミサイル精度が向上してるんが分かったんや…

他にも潜水艦からのミサイル発射も行っててこれが今回の核実験を含めると非常に脅威的になってきたんやな。

 

世界が想定する最悪のシナリオ



ミサイル精度の向上・潜水艦からの発射・五度目の核実験

これらから考えられる最悪のシナリオが北朝鮮が核弾頭搭載型の潜水艦を保有してしまうことや。

現時点では原子力潜水艦まではいかんやろうけど、今まで衛星によってミサイル発射の兆候を確認してきたが、潜水艦に乗せられてしまうと事前の察知が困難になってくる。

度重なる経済制裁を繰り返してきたが気づけば北朝鮮の脅威が現実味を帯びてきたことで今後
日本・アメリカ・韓国・ロシア・中国がどう動いていくかが問題やな。
当面は中国の消極的な姿勢と、軍事的に繋がりのあるイランをどう切り離すか…

ここでグダれば北朝鮮の思う壺、時間がたてば次は原子力潜水艦の開発を進めるやろう。
数年前までは北のポンコツミサイルと馬鹿にしていたが、時間がたった今になって脅威を感じるんやから早めの対応が大事やろな。

排他的経済水域だから大丈夫?


jrtohkai

さっき5日に発射したミサイルが北海道西方沖の排他的経済水域に着水したというたけど、
排他的経済水域ってどういうもんなん?

って人も多いと思う。
簡単に言うと排他的経済水域ってのは領土から約370Kmまでの海域までのことで、この海域内は日本が他国の影響を受けることなく(排他的に)漁業や採掘することができる範囲なんや。

ようは日本の漁船が漁をできる場所やな、ミサイルが発射されたときにも当該海域に10隻以上の漁船が漁に出とったんやで…

ちなみに東京から京都までの直線距離が約370Kmなんや、そう考えると排他的経済水域にミサイルが落ちたっていうのは北海道からそう遠くない…相当危機感を覚えんとアカン事態ってことが分かると思う。
まぁ向こうもあえて海に落としてるんやろうけどもな。

いずれにしろ北朝鮮の脅威が増してるんは事実やな。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.