東京五輪でサーフィンが正式決定!そもそも何を競うの?ルールは?


ワシやで。
リオ五輪が盛り上がってきてる中やのに気が早いけど2020年東京五輪にサーフィンが正式種目として決定したそうや。

正直サーフィンなんかしたことないし、競技として成り立つんか疑問に思う人も多いんちゃうやろか?

一応気になって調べてみたんやけどサーフィンには大きく分けて

・ロングボード
・ショートボード

の二つに分かれるみたいやな。
今回種目に選ばれたのはショートボードの方や。

読んで字のごとくロングボードは板が長い分表面積が大きくて安定しやすい。
しかし長い分小回りのが悪くアクロバティックな動きはしにくいそうや。

 

比べてショートボードは短くて安定感が少ない、要はテクニックが必要いうことやな。
その分小回りが利くからターンもしやすいし見た目に派手な動きができるのがポイントや!
今回選ばれたのがショートボードっていうのは見た目にインパクトがあるからっていうのも要因のひとつかもしれん
実際プロサーフィンの世界ツアーっていうのがあるらしいんやけど、
この世界ツアーの優勝賞金がショートボードは30万ドル、対してロングボードは5万ドルと結構差があるんや。

 

要は商業的な面で派手に映るショートボードの方にスポンサーがつきやすいっていうのがあるみたいやけどな。
ただ賞金が大きく人気がある分レベルが高くて楽しめるんとちゃうやろか?

今回サーフィンが正式種目に決まったのは個人的にはええことやと思う、若者向けとか言われるけど実際テレビで見ると面白そうやしな!
ただ問題があるとすれば会場をどこにするかっていうところやろな。

天候次第なところもあるし、波が来なければウェイティングいうて待つしかないからテレビ的には難しいところもあるな。

あとはこの種目決定の影響でサーフィンを始める人が増えたりするかもやけど、勉強せんといきなり始めたり、マナー守らん人も出てくるかもしれんしな…

まぁなんにせよ流行の波にだけじゃなく、本物の波にも上手く乗ってほしいもんやな!(ドヤァ)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.