7月1日~毎日1記事チャレンジ実施中!夜頃更新

クレジットカードの不正利用に気を付けろ!気づかぬうちにネットショッピングで少額請求されてるかも!

皆さんクレジットカード使ってますか?

ネットショッピングを使う際にクレジットカードを使えば銀行振込や代引き等の面倒な手続きをせずとも購入出来るので便利ズイ

Amazonなんかクレジットカードを登録しておけばワンクリックで購入出来ちゃうし都内なら当日届くこともあるらしいズイ

ネットで物・サービスを買うという機会が増えている昨今、この便利なクレジットカードも不正利用が増えているみたいなので注意が必要ズイ!

クレジットカードに表記されてる情報だけで不正利用される!

クレジットカードの不正利用といえば、皆聞いたことがあるかもしれけどスキミングという手法が有名ズイ

これはクレジットカードの磁気情報をスキミング専用端末で読み取り、その後磁気情報をコピーしたクレジットカードを作るという手法ズイ

要はクレジットカードを複製するということズイ

しかしネットショッピングでは磁気情報を読み取る訳でなく、クレジットカードに記載されてる情報だけで決済できてしまうズイ!

ネットでカード払いする時の事を思い出してほしいズイ

・名前

・カード番号

・有効期限

・セキュリティコード

この4つを間違えずに入力すれば決済できるはずズイ

そしてこの4つの情報はクレジットカードの表と裏に全て記載されているズイ!

つまりクレジットカードを実店舗なり人に見せてしまうと簡単に不正利用される可能性があるズイ!

カード情報を盗みとる手法・事例

こうしたネット上でのクレジットカードの不正利用は近年増加しているらしいズイ

カード情報を盗まれるのは実店舗でクレジットカードを使用した時がほとんどらしく

客が目を離した隙に店員がクレジットカードの裏表に記載されてる情報をメモする事が多いズイ

メモといっても

実際にメモに書く

カメラで裏表の写真を撮る

ボイスレコーダーに情報を吹き込み録音

などいろんな手口があるみたいズイ…

最近だとこんなのも売ってるから一瞬裏表確認するフリをしても情報を取られるかも!?

不正利用対策は難しい、予防と履歴確認が大切!

こうしたクレジットカードの不正利用を未然に防ぐにはどうすればいいか?

やることは割りと簡単ズイ

・店舗等でクレジットカードを使う際は目を離さない

・クレジットカード用の目隠しシールを使う

・毎月の利用履歴は必ず確認・不審な決済があればカード会社に確認する

これくらいでオッケーかな

大事なのはカードの裏表の情報だけで不正利用されるという認識しておくことズイ

情報が取られないように決済時は目を離さない、クレジットカード用の目隠しシールなんてのもあるのでそちらで予防したり

利用履歴の確認も大切で、最近は少額の不正利用が多いらしく、請求金額だけを見ていると発覚が遅れることもあるズイ

実は私も昨年2ヶ月に渡って不正利用(トータル30000円程)されていたのを履歴から見つけたズイ…

不正利用されている(または身に覚えのない履歴)のが分かったらカード会社に連絡するといいズイ!

私の場合は電話で伝えて確認してもらい、決済を無効にしてくれたズイ!(10分くらいで済んだ)

日付の都合上既に払っていた分は翌月に返金してくれたズイ

泣き寝入りになるパターンは少ないと思うので、不正利用されたらカード会社に連絡しよう!

これからはQR決済が拡大しそう

クレジットカードの不正利用についてはネット上での支払いの拡大が大きな要因だと思うズイ

たしかに便利なんだけどクレジットカードの構造自体が時代に追い付いていないように感じるズイ…

その問題を解決しそうなのが先日記事にしたQRコードを用いたAmazon payズイ

Amazonが国内でQRコード決済「Amazon Pay」を開始!仮想通貨は勝てないのか!?

仕組み的には店舗でQRコード決済をするとAmazonに登録しているクレジットカードから引き落としされるというものズイ

これなら店舗でクレジットカードを晒すリスクが無いズイ!

また自身が表示する決済用QRコードも数分経つと違うQRコードに変化するので、複製しての不正利用にも強いズイ

まだまだ日本で取り入れている店舗は少ないけど、他にもQRコード決済の会社もあるので今後に期待ズイ!

時代が変わってネット決済が増えた今、決済方法も新しい時代に進んで行くんだろうなぁ…と思ったズイ