Amazonで中華製品を買うと付いてくる謎のQRコード!「Amazonギフト券が貰える!」は本当なのか?詐欺なのか?試してみた

みんな大好きAmazonショッピング!

 

今回は聞いたことのないようなメーカー商品(ほぼ中華製)を購入したときに高確率で同梱されてくる「Amazonギフト券をプレゼント!」と書かれた怪しいQRコードチラシに【本当に貰えるか検証してみた】ズイ

高評価なのに安価なスマホ保護フィルムを購入したら付いてきた例のアレ

先日スマホの機種変に伴い取り急ぎAmazonで保護フィルムを探していたところ「高評価かつ低価格」なフィルムを見つけたので購入!

安かろう悪かろうではあるけれど画面内指紋認証に対応しているフィルムが少なく、他の商品はレビューが悪かったしTPUフィルムという珍しさにも惹かれ買ったのである

 

(177件のレビューで星は4.3個と高評価である)

 

注文から2日ほどで到着し、包みを開けて商品と共に姿を現したのが例のコイツである…

 

 

 

おそらく中華製の謎メーカー品によく付いてくる「謎のQRコードチラシ」

1300円のフィルムを購入したのに1000円分のAmazonギフト券が貰える怪しさ満点の紙きれである

 

普段なら目もくれずゴミ箱行きのこやつだが今回は違う、何故なら購入した保護フィルムがあまりにもクソだったからだ!!

【付属の霧吹きで表面に水分を付けてから貼ってください】と書いているにも関わらず霧吹きは付属していなし、自前の霧吹きで張り付けるも気泡だらけ・上手く貼れてもフィルム表面が汚い・指が滑らない…とまさにゴミだったのである!

 

Amazonに言って返金してもらうのも面倒だし(即ゴミとして捨てたので)せっかくなら話のネタにもなるかと思いアマギフ1000円を奪りにくことにした!

幸い楽天モバイルの無料回線のお陰で使っていない電話番号を利用しLINEの捨てアカウントを作れたので怪しい業者に流失しても問題なし

QRコードを読み込み友達登録!注文番号を入力して返事を待つと…

早速LINEの捨てアカにてQRコードを読み込み友達登録!チラシに書かれていたとおりAmazonの注文番号を入力し返事を待った

 

翌日になって返事が来ないと諦めかけた頃に連絡が!

中華系業者と思っていたが非常にしっかりとした対応・日本語でキャンペーンについての説明をしてきた

 

あらかた予想していた通りいわゆる「やらせレビュー」を書けば1000円分のAmazonギフト券または商品が貰えるらしい

思いのほか業者側がしっかりしてたのでチャンスとばかりに付属品が無かったことや、交換品ではなく返金を求めてみる、さらにその後にレビュー特典も貰おうという強欲さを発揮していく

(中国人とは思えない素晴らしい日本語対応である)

 

返金対応もしてくれたが注文番号から名前や住所はバレるっぽい

ダメもとでアマギフでの返金を求めたところまさかの返金対応をしてくれるという神対応!

サクラレビューをさせる怪しい業者の癖に恐ろしくしっかりしたサポートだ…

 

不思議と心からの感謝を告げ、しばらくすると別の人物?なのだろうか欠品の謝罪と共にAmazonギフト券のコードが送られてきた

 

 

それと同時に赤枠の部分「○○様」にしっかりと自分の苗字が記載されいてることに気が付く

当然捨てアカウントなのでLINE名は自分でも思い出せないほど適当なものにしていたのだが、最初に送った注文番号からショップ側で確認できるのだろうか?

 

怪しげな業者に個人情報を握られていることになるが、こちとら更に怪しげな海外スキャム取引所にKYCしている過去もあり「ま、いっか」程度に思えるのは感覚が麻痺しているからなのか…

この辺り気になる人はこの手のQRは読まないほうが賢明だと思う

 

ちなみに返金対応として送られてきたAmazonギフト券のコードはしっかりと反映された

いよいよ本題、レビュー書いたらホントに1000円分のAmazonギフト券貰えるのか?

さて、クソゴミ保護フィルム分は返金してもらったがここからが本題

レビューを書けば本当に1000円分のAmazonギフト券がもらえるのか検証していくことにする、レビューの条件に関しては特に指定はないので☆1でもいいのかは不明…

この辺はあえて明示せずに1000円貰えることへの期待から☆5を書かせる高等テクニックなのか!?

 

今回はギフト券が貰えるかどうかの検証なのでレビューに関しては☆4とした(製品内容には触れず返金対応などの評価として☆5、欠品があった分で☆-1)

 

早速レビューを投稿したことを伝える、どうやらレビューが反映されるまで2日程かかるらしく、反映された際のスクショも必要とのこと

 

そして二日後、無事レビューが反映されたので再度連絡を取ってみる

(名前バンバンだしてくるやん…)

 

 

そして希望の特典の中からAmazonギフト券を選び翌日、なんとまぁアッサリと1000円分のAmazonギフトコードが送られてきたのだった

 

 

思いのほか簡単にAmazonギフト券が手に入ってしまい面白くはなかったが、Amazonで売っている無名の激安製品はこうして高評価が付いていくのだと勉強になった

 

実際に購入した人間が書いたレビューなのでAmazon側も弾きにくく、買う側は「似たような製品なら高評価の物を選んでしまう」という現代ネットショッピングの闇か…

そもそも1000円のギフト券を配っても利益が出るのなら原価が相当安い粗悪品とも取れる(広告費として見た場合の費用対効果はかなり良いのかもしれんが)

 

なんにせよAmazonではこうした手口で粗悪な品が高評価になっているケースが多いので星の数に騙されないように気を付けよう、便利なサイトとして「サクラチェッカー」と言うサイトがあるので困った際は参考にすると良い

ちなみに今回購入した保護フィルムをサクラチェッカーで調べるとこんな結果が…

 

 

サクラ度90%のやべぇ商品であることが分かる

 

幸いにも今回は商品代金の返金+レビュー特典を貰ったのでプラスで終わることができたが、粗悪な商品を売っている業者にどの程度か分からないまでも個人情報が流れるのは良い気はしないな、と

 

聞いた話ではこうしたサクラレビューで稼ぐ人もいたり、優秀なレビューを書いた人には依頼が来ることもあるそうな

Amazonではこういったスコア稼ぎが横行しては対策されたりのイタチごっこらしい、それはそれでウチのような弱小個人サイトのレビューでも参考になる時代なのかと思ったり

 

 

てなわけで長くなったけど、検証結果としては…

 

「Amazonギフト券がもらえる怪しいチラシ」はレビューを書けば本当にギフト券が貰える!

 

でした!

 

 

ちなみに今回書いたレビューに関しては削除しておきました