圧力鍋にパチンコ玉を入れて煮るとどうなるのか?爆薬が無ければ安全?

圧力鍋にパチンコ玉を入れて加熱すると危ないのか?

  先日久しぶりに漫画「ブラックラグーン」を読み直していたら 圧力鍋にパチンコ玉を入れてはいけない 的なことが書いてあったので調べてみたズイ

どうも圧力鍋は簡易即席爆弾として使用されることがあり、そのネタなのではないかな?と思うズイ

圧力鍋の仕組み・構造をザックリと

圧力鍋というのはその名前の通り

圧力をかけて調理することが可能な鍋ズイ

ザックリな仕組みとしては

鍋と蓋を密閉して水分や空気を逃がさないようにするズイ  

 

その状態で加熱することにより鍋の中の圧力が高くなるズイ  

 

圧力が高いということは水の沸点が高くなるので、100℃以上でも食材内部の水は沸騰せずに高温で調理ができるというものズイ

富士山なんかの高い山=気圧の低いところでは水が100℃以下で沸騰するって聞いたことないズイ?

あれの逆バージョンと考えればいいズイ

100℃以上の高温でも食材の水分が沸騰せずに、先にたんぱく質などから分解されていくことや、高圧によって味の浸透が促進され調理の時間が短縮されるという感じズイ!

圧力鍋でパチンコ玉を加熱しても爆発しない、しかし爆薬を使うと…

さて、圧力鍋の仕組みは大体把握したズイ

しかしこの仕組みだとパチンコ玉を入れて加熱したところで爆発はしないズイ

圧力鍋は調理中に内部の圧力を調整減圧する調整弁や、万が一危険な圧力まで上昇した際の安全弁もついているので安全ズイ  

どうやら「パチンコ玉~」の話はゲリラやテロリストなどが圧力鍋を使用して爆弾を作る際に使用するもので

仕組みとしては

・圧力鍋に爆薬・信管・パチンコ玉を入れ、密閉する

 

・信管を起爆することで爆発、密閉された鍋の内部の圧力が急激に上昇

 

・高圧に耐える構造の圧力鍋が耐え切れず破裂する

 

・破裂の勢いと同時にパチンコ玉が飛び散り凶器となる…

といった感じズイ 要は圧力鍋が高圧に耐えられる構造であるのを利用し、内部の圧力を溜めて一気に破裂させることでパチンコ玉を高速で射出するというもの

パチンコ玉ではなく実際によく使用されるのは釘等の殺傷性が高い物が多いみたいズイ

圧力鍋はとっても便利!でも念のため安全性の高い物を使おう!

ということで、圧力鍋にパチンコ玉を入れて加熱しても爆発することはないズイ!

圧力鍋は調理の時間短縮に非常に便利なので料理をよくする人や主婦の方にはオススメズイ

昔は圧力鍋の事故(減圧されなかったため蓋が飛ぶ等)もあったけど、近年は技術の進歩で安全性も向上しているズイ

ただ万が一を考えるなら中国製なんかではなく日本製の品物を使い、注意事項なども確認しておくのが大切ズイ!  

  人気のワンダーシェフは国内検査&保証等安全面に力を入れているのが安心ズイ  

また、最近では真空保温調理器という保温効果の高い材質を使うことで「沸騰した後の高温を維持しながら調理できる」アイテムも流行っているズイ!

真空保温調理器と圧力鍋との違いは…

圧力鍋より時短効果は劣るものの、安全面や減圧の手間などが無く 何より調理後も保温効果で温めなおす必要が無いのが売りズイ!

人気のサーモス製真空保温調理器!

サーモスといえば真空タンブラーも有名で、その保温効果の高さは使っている人なら分かるはず

私も愛用していて、夜飲んでいた氷入りの飲み物が朝になっても溶けていないのは衝撃だったズイ

 世の中の技術は日進月歩!平成が終わる時代、効率のいい物を使って生活を捗らせよう!