7月1日~毎日1記事チャレンジ実施中!夜頃更新

可能性の獣「NANJ SDK」がついにリリース!仕組みを解説!期待のSDKウォレットは9月15日か!?

ついに「NANJ SDK」が公開!まさに可能性の獣!

昨日8月22日、ついに「NANJ SDK」が公開されたズイ!

といってもSDKウォレットアプリがダウンロードできるようになった訳ではなく、github上に「NANJ SDK」が公開されたという感じズイ

https://twitter.com/nanjcoin/status/1032231219914625025  

みんな心待ちにしているSDKウォレットは9月15日にリリースか!?

今回は「NANJ SDK」がどんなものかを1ユーザーとしての目線で紹介するズイ!

また今回載せさせてもらっているやり取りについてはダンナから許可をいただけたズイ!サンガツ!

 

「NANJ SDK」なら送金にイーサリアム・ガスは不要でNANJだけ持ってればOK!

 

まずNANJを持ってる人なら分かると思うけど…

NANJはイーサリアムトークンという性質上どうしてもNANJを送金する際にはイーサリアム(厳密にはGAS)という通貨を支払う必要があるズイ!

取引所から送金する際には○○NANJを手数料として引かれていると思うけど、これは実際には取引所が代わりにイーサリアム(GAS)を支払って送金している形ズイ

しかしマイイーサウォレットやその他自分のウォレットから送金する際には別途イーサリアムを購入してウォレット内に入れておく必要があるズイ

取引所のハッキングリスクなどを鑑みれば自分で管理するほうが良い反面、送金用にイーサリアムを保有する必要があるという面倒くささ

その不満を解消してくれるのがNANJ SDKズイ!!  

送金の仕組みは簡単で、上記の取引所のようにNANJ運営が送金手数料のイーサリアム(GAS)を代わりに支払って送金してくれるズイ! その代わりに送金するNANJの1%をユーザーが支払うというものズイ!  

:例えば  

“114514NANJ”をSDKで送金すると  

送金手数料として1%に当たる”1145.14NANJ”を支払うという形

今までなら別途イーサリアムを用意する必要があり、これにはイーサリアムの購入手数料・ウォレットへの送金手数料が必要だったズイ…

また送金に必要なイーサリアムが足りなければ買い増ししてウォレットへ送金・・・という不便さを解消してくれるズイ!

つまりNANJを持っていればそれだけで送金ができちゃうのがNANJ SDKの特徴の一つズイ!

NANJ SDKの送金速度はどれくらい?

気になるのがNANJ SDKの送金速度! これはイーサリアムプラットフォームを使用して送金するので従来の送金速度とは変わらないズイ

イーサリアムプラットフォーム上の送金詰まりなどが発生すると遅くなることもあるし、空いていれば送金が速くなるズイ

GASの量を多くすれば送金は早くなるけれど、GASの量に関しては代わりに送金してくれるNANJ運営サイドに委ねられる形ズイ

NANJ SDKの送金手数料の1%は高いのか?

 送金手数料の1%って高くない?と思う人へ

自分で送金用にイーサリアムを確保するコスト(購入手数料・手間・送金元ウォレットへの送金費用)を考えれば安いと思うズイ

また”1%”というパーセンテージでの設定なので 例えば決済に使用する際には、NANJの価格が上がれば送金する枚数が減る=1%の送金手数料も減るということ  

・1NANJ=1円で1000円分の決済を行う場合  

「1000円=1000NANJ→手数料は1%の10NANJ  
・1NANJ=10円に値上がりしたら  

「1000円=100NANJ→手数料は1%の1NANJ

 といった感じズイ! 取引所だと手数料は固定枚数(100NANJとか)で設定されているため、コインが値上がりすると手数料も割高になっちゃうズイ

この点NANJ SDKのパーセンテージ設定はとても良心的といえるズイ!  

またこの1%の手数料の内、送金を肩代わりしてくれるNANJ運営には半分の0.5%しか入らないズイ

残り半分は独自のSDKアプリ(SDKを利用していろんなアイデアで作ったアプリ)を開発したデベロッパーに支払われるズイ

NANJ運営側が送金で赤字になる可能性は・・・?

ここで私が疑問に思ったのは送金によってNANJ運営側が赤字になる可能性ズイ

NANJの価格が下がった状態で、送金に必要なイーサリアム(GAS)の価格が上がってしまった場合…  

 

少額の送金が頻発するほど苦しいはず、対策としては最低送金額の設定(NANJ価格に応じて適宜変更)をするみたいズイ  

個人的にはNANJ SDKを使用してアプリ開発をしてくれた人には発生した手数料の0.5%が貰えるという恩恵があるので

開発の活発化=NANJの利用価値が増える→NANJの価格が上がる

という形になってくれると信じてるので懸念はしていないズイ 更にNANJ SDKを使用した決済店舗を増やすための取り組みもガンガン進行中!

  また試験的に送金後に広告を表示するなどでNANJ運営サイドへの負担が減る可能性もあるので大丈夫かなぁと思ってるズイ (利便性に支障があれば外す予定も)

  主観だけど「NANJ SDK」はこの開発者への報酬という点からいろんなアプリのアイデアが生まれ、発展は想像以上以上のものになるのでは?

期待の「NANJ SDKウォレット」のリリースは9月15日!?実演も予定してるとか?

そんな期待の「NANJ SDK」のウォレット 現在9月15日(土曜日)にWeb・IOS・androidリリース予定しているみたいズイ!

気になるスマホウォレットのUIを一足早く見せてくれたズイ!   送金アドレスの入力には

・入力  

・アドレス帳  

・NFC  

・QRコード

の4種類がありめっちゃ便利そうズイ!

個人的にはNFCでの読み取りができるのが嬉しいズイ! さらにスマホアプリ起動時は指紋認証と顔認証にも対応しているらしく、既存のモバイルウォレットの中では随一の利便性と思われるズイ!  

またリリースの際には送金の実演も予定しているみたいで要注目ズイ!

ほんとこういうユーモアがあるところもNANJが愛される由縁かなぁ

今回はNANJディスコードサーバ内の「nanj-sdk-topiccs」チャンネルで話を聞くことができたけど、本当に運営とユーザーの距離感の近さを改めて実感できたズイ

ユーモアがあるからこそユーザーからいろんなアイデアが出たりするんやろなぁ、とも思ったズイ

NANJ SDKがいよいよ本格スタートすることで今まで以上に予想がつかない可能性の獣!NANJコイン!今後も期待しているズイ!!