7月1日~毎日1記事チャレンジ実施中!夜頃更新

6段階設定付きパチンコがいよいよ導入、なお釘調整は可能な模様

最大6段階の設定が可能なパチンコがもうすぐ導入

近年規制と共にどんどん斜陽産業化しているパチンコ業界 私が初めてパチンコを打ったころから

・イベントの規制  

・突然時短の禁止

・最低出玉の設定
 

・確変継続率の上限化(65%まで)  

・大当たり確立1/320以下(MAX規制)

などなど多くの規制によってパチンコ業界は活気を失っているズイ 私もよく打ちに行ったりするけど、無くなってくれても一向にかまわんズイ(その方が行かなくて済む)  

そんな中で新しい取り組み?の設定付きパチンコが8月末~導入を開始するらしいズイ!

スロットのように最大で6段階までの設定変更が可能で、大当たり確立・確変中大当たり確立が変わる模様ズイ

まぁ、どうせ良設定は入らないんでしょうけどね!!

6段階設定「革命機ヴァルヴレイブ(W)」貯金箱

設定付きパチンコをいくつかピックアップしてみたけど、 こちらの貯金箱…じゃなかったヴァルヴレイブは6段階設定機ズイ  

  単純に低設定ほど大当たり確立・確中確立が悪くなるズイ

設定①なら 当たりにくく!連荘しにくい!潜伏地獄!…誰が打つんやこんなん… まぁ流石のSANKYOといった感じズイ

ザ・高尾「弾球黙示録カイジ4(R3A)」工夫が感じられる3段階設定

お次は我らが高尾!よりカイジ4の3段階設定付きスペックズイ  

  スペックは三段階でぱっと見だと大当たり確立がめちゃくちゃ開きがあるズイ

1と3だと倍以上の開きがあるから鬼スペック!と思えるけど… この機種には小当たりRUSH機能があるズイ!

つまり低設定だと当たりにくい分小当たりRUSHで出玉が伸ばしやすいズイ!

ただ1/199を引いて50%で通常だと140玉だけという鬼スペックズイ…

この辺りは相変わらず釘やボーダー次第かなといった感じズイ、貯金箱…じゃなかった、ヴァルヴレイブよりは工夫が感じられるのでいいと思うズイ

封入式パチンコではない!釘調整可能

上記の機種に関しては従来通り台が開くので釘調整が可能ズイ つまり

・データカウンター上で設定が良そうでも釘が悪いパターン  

・反対に釘は良いけど設定が悪いパターン

などが出てくると思うズイ  

ここで気になるのが内規でも話が出ている「封入式パチンコ」というもの

これは設定が選択できる代わりに台が開けない=釘調整ができないパチンコ台のことズイ

そもそも 「釘調整をさせないためにパチンコに設定を付けれるようにする!」 という運びなのに、その両方が可能なパチンコ台がもうすぐ導入されるという謎…  

封入式パチンコ機に関しては来年秋頃(2019年)から導入が進み見込みなので、それまではこういった糞ハイブリッド仕様な台が増えると思われるズイ

個人的にはヴァルヴレイブのような捻りのない設定機は打つ気がない、まぁカイジくらいなら1円で遊んでもいいかなぁといった感じズイ パチンコはほどほどにね!