XPCのホワイトペーパーが公開!気になる内容を大解剖!

XPC「eXPerience Chain」のホワイトペーパー公開

昨日7/8日待望のXPCのホワイトペーパーが公開されたズイ!

XPから分かれ「今までXPで出来なかった事をできる!」ということで、その内容が気になっていたけど昨日ホワイトペーパーが公開!

公開に伴ってXPCディスコード内にてホワイトペーパー朗読会なるものが実施され、ディレクターである”はらお”氏が内容について解説もしてくれたズイ!

今回はその朗読会の内容も交えてXPCのホワイトペーパーを大解剖していくズイ  

XPCホワイトペーパー

XPC公式サイト

XPCディスコード

ホワイトペーパー朗読会

ホワイトペーパーの内容

XPCの特徴

通貨としての技術は最高峰かも!

XPCはビットコイン0.16.0をベースにしたPoS通貨ズイ!

おまけにこのPOSはABPoSという独自のPOS方式ズイ 従来のPOS通貨における「先行者有利」や、使用するはずの通貨であるのに「ステークを目的にガチホしてしまう」などの問題を解決するために練られた技術ズイ

またイーサリアムベースではなくビットコインベースとすることでレイン時などの送金手数料を大幅に削減できるズイ!

イーサリアムベースだと送金1件に対してガス代が掛かってえらいことになる… ABPoSの仕組みに関してはこちらの記事を参照ズイ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ズイ

ビットコイントークでは新しい技術として反響も大きいみたい

ずいかく

国際プロジェクト

XPCでは以前のXPよりつながりのある国際的なコミュニティ圏を活用して、日本だけでなく海外法人も絡めて国際的なプロジェクトとしてXPCの普及に努めていくズ

各国の事情に沿ってサービスとマーケティング展開を目指していくズイ!

ずいほう

XPC チームには、アメリカ、カナダ、韓国、日本、タイ、イタリア、スロベニア、フィンランド…いっぱいいるんですね

XPCの展望

GeoLink(ジオリンク)でリアルレインを実装予定

XPではディスコード内で全員に投げ銭をできるレイン機能、XPCでもCCウォレットにて実装予定ですが

今回のホワイトペーパーで公開された「GeoLink」ではGPS機能を利用したリアルレインをできるようになるズイ!

イメージとしては「ポケモンGO」をイメージしてみるといいズイ これによってホルダーが任意に雨雲を発生できるようになる  

:例えば家の近くの公園に雨雲を作る→そこに来た人がレインを受け取ることができる!  

ずいほう

楽しそうですね!瑞鶴さんならどこに雨雲作りたいですか?
私ならMO海域かな、スコールで隠れられるし

ずいかく

瑞鳳

そういえば雨雲に隠れてましたね、お姉さんが酷い目にあってましたけど

ずいかく

GeoLinkは個人が楽しむだけでなく、企業側の広告活動とも親和性が良いズイ これに関してはまだ「こんなのしたら楽しいかも!」というアイデアもディスコードで募集してるので皆で作り上げていくのもいいかも!

ウェブウォレットを使用した「XPCheck」

XPCではウェブウォレット「XPCheck」を使用することでマイニングするためにパソコンを使用しなくてもよくなるズイ!

以前のXPのようにqtウォレットもあるし、ディスコードのCCウォレットもあるズイ! 送金やチップ・レインはもちろん、従来よりも店舗等での支払いも快適になるズイ

パソコンつけっぱなしにしなくてもいいのは助かるわね

ずいかく

ずいほう

ウェブウォレットなら同期待ちとかも解消できますしね

XPCheckなら店舗側・ユーザー側にもメリットがある

いままで店舗側がXP決済をするメリットとしては新規顧客の開拓や、ブロックチェーンビジネスを展開している実績など 今回のXPCheckではこれらに加えてさらにメリットがあるズイ!

ウォレットにレベル機能がある

ウェブウォレットXPCheckではウォレットごとにレベル機能が備わっているズイ

このレベルは 「支払いでの使用やレインを受け取ったりチップを行う、「POSの成功」といったXPCを使用した行動・経験によってレベルが上がり

「レベルが高いユーザーには店舗側からのサービスの向上」 「店舗側はXPC決済を使用することにより従来のメリット+レベル上昇の恩恵が得られる」  

といった感じでユーザー・店舗側の両者にメリットをもたらすことでXPCの普及を促進するズイ!

更に店舗普及を促進するXPC“チェイナー”プログラム

XPCチェイナー」とは XPC の普及に活動的な利用者を呼び、チェイナーになるためにはウォレットのレベルを一定以上にし、必要な情報の申請の手続きを行い

チェイナーの助力によって店舗に XPC 決済が導入された場合に、XPCheck を通じてチェイナー・店舗双方に XPC が配布されるズイ

また、店舗側の持つウォレットでの ABPoS を行うと、ABPoS 機能によってチェイナーにもネットワークの維持報酬が支払われるズイ!

要は店舗を増やすためのリアルアフィズイ!

またレベルにより パートナー名刺や運営方針会議参加権などの恩恵もあるかも

ずいほう

XPC決済を受け入れた店舗が他の店舗にオススメしたりで広まりますね!
ユーザー側もお気に入りの店に交渉したりとかね

ずいかく

Eスポーツにも参加?XPCチームを作って投げ銭を!

XPCでも以前のXPのようにEスポーツにも参加する構想もあり、単なるスポンサーとしての参加ではなくXPCチームを作って参加・投げ銭で応援なども構想中ズイ!

XPCのロードマップ

  XPCのロードマップも公開されました、こちらに関しては一部修正が入るかも 2018年Q3に「最初の取引所上場」があるので7~9月の間には上場が予定されているズイ!

詳しい日時に関しては今後の発表を注目ズイ  

XPCの細かい仕様

  この中で気になるのが…

発行枚数は何枚?

発行枚数はエアドロップの申請が完了後に確定するズイ!(見積もりだと500-700億かもね)

 

発行枚数上限つける?

発行枚数上限つけます、もちろんこちらもエアドロップ等が終わってから

 

運営側のPOS分はどうするの?

POS分は市場に影響を与えないようにオークション方式で市場に流す予定、当然いろいろ施策して価格に影響を与えないようにするズイ!

 

細かい部分は朗読会のミラーサイトにて聞けるズイ  

ホワイトペーパーの感想とここだけの話

今回は待望のホワイトペーパーの公開がされ、気になっていた「今までXPではできなかったこと」とは何だったのか?

XPCになって何が変わるのか?今後の目指す方向性などが明らかになったズイ またホワイトペーパーだけでは伝わりきらない部分を朗読会という形で、中の人であるはらお氏本人が解説してくれたことは非常に良かったと思っているズイ!  

上場に関してはまだ時間がかかるかもしれないけど、個人的にはかなり期待できるんではないかと思っているズイ

ただウェブウォレットやGeoLinkの開発・実装等、ロードマップを見れば分かるかもしれないけど少し時間がかかるズイ 本格的な動きは来年以降になるかと思われるので、それまでの間に企業間の提携や材料などが増えていけばGOODズイ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ズイ

   

朗読会で聞けたここだけの話(ごく一部)

・一般エアドロップは相当な量のレイン?ディスコード参加が必要かも

・GeoLink(リアルレイン)に興味を持っている企業がいくつかあるかも

  まぁあくまで噂ズイ、気になる人は朗読会を聞いてみるのがズイ!!  

まだ始まって?ばかりのXPCですが、現在AVACUSの決済通貨にリスティングされているズイ! 投票で1位になればXPCの使い方がさらに増えるズイ! AVACUSについてはこちらの記事をズイ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ズイ  

XPCのディスコードサイトはこちら