7月1日~毎日1記事チャレンジ実施中!夜頃更新

糞雑魚サーバーで鉄壁の守りを誇っていた仮想通貨取引所「ザイフ」遂にハッキングされる…

国内取引所ザイフがついにハッキング被害に

9月20日の夜中、仮想通貨取引所の「ザイフ」ハッキング被害にあっていたことを発表したズイ

ザイフ取引所は日本人トレーダには非常に有名で、日々私たちに笑いのネタを提供してくれていたズイ

ザイフといえば時計屋の副業として仮想通貨取引所を運営 昨今の仮想通貨ブームにより時計メーカー程度のサーバーでは負荷に耐え切れず、サーバーダウンが頻発する取引所だったズイ

サーバーがダウンした際に表示される

「502 Bad Gateway」

は仮想通貨民からは「ザイフ」と呼ばれるほど親しまれていたズイ

そんな貧弱なサーバーで迷惑をかけたお詫びとしてゲリラ的に開催されるBTC大バーゲンセールや、簡単取引による広々スプレッドなど

仮想通貨民はザイフを注目せざる負えないほどイベントが開催されていたズイ!  

 

不定期に開催される大バーゲンセールの様子

 

20万円幅の広々快適スプレッド空間、20万幅はまだまだ序の口

  ザイフに関しては今までなぜハッキング被害にあわないのか? という謎が度々浮上していたが

「ハッキングし甲斐が無い」  

 

「剛力のご加護」  

 

「嫌ならほかに行ってください」  

 

「ハッキングしようとしたらサーバーがダウンしていた」

などなど、様々なセキュリティ対策によって鉄壁の守りを固めていたのが理由だと思われるズイ

しかし最近では二度に渡る業務改善命令の結果、やむなくサーバーを強化してしまったのかハッキング被害に…

実はハッキング被害は1週間前に遭っていた!

9月20日にハッキング被害に遭ったと報告したザイフ

しかしハッキングされたのはおよそ1週間前の9月14日ズイ

この6日間何をどうしたのかは知らないけど報告をしなかったというのはザイフ側の思惑があったに違いないズイ

 …と思ったけど 

なんと3日後の9月17日にサーバー異常を検知し、翌18日までハッキング被害に気付かなかったらしいズイ

まぁあれだけ万全のセキュリティ対策をしているならハッキング被害に遭うとは思わないだろうし 本業の時計屋も忙しいから仕方ないズイ もしかしたら社内の時計が止まっていたのかもしれないズイ

補償はありそう、フィスコが足りない50億円を支援

時価総額で60億円ほどを取られたザイフ

ザイフのサイフ(資産)には22億円ほどしかなく、足りない38億円プラスαでフィスコという会社が50億円支援してくれるみたいズイ

都合72億円なので被害に遭った分は補てんできそうズイ!

コインチェックみたいに日本円で返金するのか、仮想通貨で返金するのかは分からないズイ

「そんなの困る!!」

 

報告までの空白の6日間…何があったのか勝手に妄想

ザイフが9/14日にハッキングされてから9/20日に報告するまでの約六日間

プレスリリースでは9/18日にハッキング被害を確認、その後金融庁や被害届などの対応に追われていたとしているズイ

どこまでホントかわからないけど、インサイダー情報がまかり通っている仮想通貨界隈、もしかしたらこの間に色々やっていたんでは?

  報告までにショート玉集めたり、お金支援してくれる所と情報共有からの空売りとか

そもそも実はハッキングも自演で顧客の通貨を抜いてFXで空売り、インサイダー情報で支援してくれる企業にも稼がせて 最終的にコインチェックのように身売りしてトンズラ   なんて陰謀論ズイ!

いずれにせよハッキング対策が甘い取引所のせいで仮想通貨が影響を受けてしまうのは悲しいズイ…

まぁザイフに関しては織り込み済みな雰囲気が多くて笑ってしまったけど、やっぱり大事な資産は自分で守るのが大切ズイ!

保管用のモバイルウォレットなら「HBウォレット」やリップル対応の「Gincoウォレット」がオススメズイ!

 

今回の件で国内取引所はビットフライヤー・コインチェック・ザイフの3大取引所が新規登録できなくなるので、

まだまだ仮想通貨の春は遠いかもしれないズイ… 国内取引所で新規登録するなら

国内仮想通貨は取引所ビットポイントがオススメ!出金手数料が無料!初心者や海外取引所への入り口に!

ビットポイント

セキュリティ面を売りにしているGMOコイン 

ビットバンクぐらいになっちゃうかな…

別の取引所とはいえ資産はできるだけ自分で守るのが大切ズイ というわけで、まぁなんだ…ザイフさんお疲れ様でしたズイ