ネット銀行は危険?高金利で手数料も安く、ペイオフもあるからおすすめ!

ネット銀行使ってますか?一つでも開設しておくとこんなに便利!

銀行といえば街中にある各銀行の支店に行って、印鑑や身分証などを出して口座を開く

ATMでお金を引き出して、たまに記帳しては雀の涙の利息を発見…

金利が低いとはいえ「引き出し・振込手数料」のほうが何倍も高いことに気づいて悲しくなるズイ…

何が手数料だ!

預けたお金引き出しに来たこっちの方がお手数掛かってんだよ!!

ずいずい

理不尽な余り顔が変わってしまう程の怒りを覚えながらも手数料を取られる日々が続いたズイ…

しかし昨年ネット銀行を開設したことでこの悩みが一気に解決!!

手数料が掛からないどころか、メガバンクの100倍の利息までくれるのだから驚愕である!

今回はそんなネット銀行のおすすめと、「手数料・金利」の良さの要因を見ていくズイ!

おすすめのネット銀行は「楽天銀行」と「住信SBIネット銀行」

早速だけどもオススメは私が実際使っているネット銀行ズイ!

楽天銀行

言わずもがな楽天グループのネット銀行!

口座残高や引き落とし件数などで変化するランクによって手数料が大きく優遇されるズイ!

こちらは別で紹介する「楽天証券」とうまく組み合わせることで最高ランクまで上げることができるズイ!

また楽天証券と口座を紐づけるマネーブリッジの設定をするだけで普通預金の金利が0.1%に!!

ネットやアプリから連携するだけなので費用も時間も不要

普通金利0.1%というと少ない気もするけど、三菱UFJ銀行などのメガバンクが0.001%なので

なんと100倍の差!!

例:100万円を1年預けた場合

楽天銀行なら「1000円」

 

三菱UFJ銀行なら「10円」

ATM手数料なども節約できるし年間の差額はかなり大きいぞ!

ずいずい

さらに楽天ポイントの付与や、楽天市場での還元率も上がるので楽天ユーザーはメリットが大きいズイ!

住信SBIネット銀行

お次は住信SBIネット銀行!普通預金の金利はメガバンクと同じ0.001%

SBIは暗号資産界隈ではよく聞く名前ズイ

こちらは開設すれば毎月

・ATM引き出し手数料2回まで無料

 

・他行宛て振り込み1回まで無料

とかなり使い勝手がいいネット銀行ズイ!

また預金金額が30万円以上でATM5回・他行宛3回まで無料になるのでうまく使うとさらに便利

また、「りそな銀行・スルガ銀行」の3銀行間で24時間いつでも送金無料のマネータップが利用できるのもオススメの理由ズイ!

マネータップについてはこちらの記事を見てね!

SBI銀行のマネータップ始動!アプリで24時間365日送金可&手数料無料!SBI・りそな・スルガ銀行ユーザーは使うべき!

楽天銀行と比べてシンプルに手数料を節約できる点コンビニATMからの預け入れ手数料が無料なのも強みズイ!

私はゆうちょ銀行からお給料を引き出してSBIに入金→楽天銀行に送金と無料リレーしているズイ

一見面倒くさそうに思えるけど楽天・SBI共にアプリ上で簡単に送金できるので手間には感じないズイ

手数料は何が何でも払わない!!それが私のジャスティス!!

ずいずい

 

ネット銀行は開設もネット上で5分程で申請できるズイ!

手元に郵送でキャッシュカードが届いたら使えるズイ

もちろんカスタマーサービスや電話対応もしてくれるのでネット銀行だから困ることも今のところないズイ

楽天銀行ホームページ

(開設時に楽天証券も同時開設がオススメ)

住信SBIネット銀行ホームページ

なぜネット銀行はなんでこんなに優遇されるのか?

金利も良くて手数料も安いネット銀行、でもなんでこんなに優遇されるの?という疑問が出てくるズイ!

その要因としては

ネット銀行は実店舗が無いので経費が安く、手数料・金利を優遇しても利益が出る!

言われてみれば全国各地に支店があるわけでもないし、その分の人件費や光熱費・土地やらも掛からないので利益は出しやすいズイ

実店舗のある銀行はネットでの申請が分からない人や、

貸金庫のサービスなどがあったりと差別化はできるものの若い世代にはネット銀行を使うメリットの方が大きいと思うズイ!

ネット銀行ってなんか怖くない??ペイオフ制度もあるから安心だぞぉ!

ネット銀行って一部の人は「なんか怪しい・危険」ってイメージがあるみたいズイ

でもメガバンクと同じペイオフ(預金保護)制度があるので万が一ネット銀行が潰れても補填が受けられるズイ

このペイオフ預金保険制度が保証してくれるのはメガバンクでもネット銀行でも1000万円までなので、沢山お金を持ってる人は銀行を分けるという手もあるズイ

金利・手数料・ペイオフが揃ったネット銀行はやはり使うのが得策ズイ!

ネット銀行のデメリットはキャッシュレスとの相性、連携できない場合が多い

もはや非の打ち所がないネット銀行、しかしデメリットは存在するズイ…

それはキャッシュレス決済ツールなどの連携ができない場合が多いことズイ

最近話題の「pay pay」「Line Pay」などのキャッシュレス決済

これらに銀行残高からチャージをしようとしてもネット銀行は連携不可といったケースが多いズイ

私は実店舗のある「りそな銀行」の口座をマネータップでSBIと繋ぐことで臨機応変に対応しているズイ!

節約や金利、アプリ上で送金など管理もしやすいネット銀行はやはりオススメ!

ネット銀行は手数料や金利の面だけでなく、ウェブ・アプリ上での振り込みなど便利な点が多いズイ!

キャッシュレス決済をよく使う人は実店舗の銀行とうまく組み合わせて立ちまわろう!

ザックリ皮算用したとして…

・ATM引き出し手数料 216円×月2回

・他行宛ての振り込み 216円×月1回

・100万円の預金 金利0.001%

年間216円×36=7776円

利息収入=10円


年間-7766円

これがネット銀行で手数料節約しつつ、金利0.1%であれば年間+1000円

その差額8766円!

なかなかの金額!8000円あればスーパー銭湯で3回は豪遊できる!

ずいずい

やはりインターネットの恩恵を受けたネット銀行、使わない手はないズイ!!