【罠にご注意!】月5GB+α通信&1年間無料&解約も無料!おまけに5000円までくれる「楽天UN-LIMIT」の血を啜れ!

楽天モバイルが4月8日にスタートした「楽天UN-LIMIT」はお得がいっぱい!

先日4月8日にスタートした楽天モバイルの新サービス「楽天UN-LIMIT」というデータ容量無制限のサービス

データ容量無制限で月2980円と破格の値段だが、【楽天回線使用時に限る】という条件付き

 

当然ながら楽天回線エリアはまだまだ少なく「データ容量無制限の恩恵を受けれるのは都会の選ばれし民のみ!」と思われた…

しかし楽天回線エリア外はau回線(パートナー回線)によってカバーされており、こちらの回線では月5GBまで利用可能かつ、超過後も最大1Mbpsで通信できるというのだ!

楽天モバイル・UN-LIMIT公式

 

そんな楽天UN-LIMITがサービス開始と同時に大型キャンペーンを開始しているので、今回は甘い汁を吸うため(楽天モバイルの発展のため)にたっぷり利用しようじゃないか!という記事ズイ!

簡単にまとめるとこうなる

・今「楽天UN-LIMIT」を申し込むと1年間無料で使える!(本来は月額2980円×12カ月が0円に)

・楽天回線エリア外でもau回線が利用可能、月5GBの高速通信+超過後も1Mbpsで通信できる


・申込時の事務手数料は実質0円!(3300円かかるが全額楽天ポイントで帰ってくる)※

・オンラインで申し込みした場合には3000円分の楽天ポイントがもらえる※

・申込時にクーポンコード入力で2000円分の楽天ポイントがもらえる(上と合わせて5000円、要コード)

 クーポンコード楽天ID【2020030302220】

・「eSIM」も発行可能、iPhoneでも利用可能だが注意点有り


・解約手数料などは0円!最低利用期間も無し!

つまり

 

【楽天回線エリア外でも月5GB使えるSIMカードが1年間タダ!おまけに5000円貰えるし解約も無料!】

といった感じの非常に素晴らしいキャンペーンなのである!(先着300万人まで)

てなわけで事前予約を受け付けていた3月の段階で申し込み、先日SIMカードが届いたので各種注意点などを書いていくぞい!

MNPも可能だが、新規申し込みで「サブ端末」に使うのが丁度いいかも

この楽天UN-LIMITは今使っている電話番号をそのままに、楽天モバイルに乗り換える「MNP」も可能

一方、新しく電話番号を発行する「新規申し込み」であっても同じキャンペーンが適用されるズイ

 

正直まだまだ不安定といわざる負えない楽天モバイルにいきなり乗り換えるよりも、ここは新規申し込みで様子を見つつ、特典を貰った方がベストかな…と(1年間タダだし)

 

オススメの用途としては

・SIM対応タブレット端末に使う

・サブスマホ用として使う

・テザリング用として使う

・デュアルSIM対応機に使う(データ通信は楽天SIMとか)

・eSIMを試してみたい人に(iPhoneでもXR以降の機種はDSDS使える)

この辺りの用途としては使えそう、ちなみに楽天モバイルはiPhoneを取り扱っていないので表向きは非対応としているが普通に利用できる

二台持ちやSIM対応端末が余っている人は遊んでみるのもよさそう

大事な注意点は専用通話アプリ「楽天LINK」の認証と、Android端末の有無

ここまで引っ張っておいてなんだが、この楽天UN-LIMITの甘い汁を吸う上で大事な点が3つあるズイ!

 

・ポイントを貰うには「楽天LINK」という専用通話アプリでSMS認証が必要

 

・上記の「楽天LINKアプリ」を使えるのはAndroid端末のみ(iOS非対応)

・Android端末でもSIM非対応の場合もアリ

 

「楽天LINK」というアプリが難関になっている…

事務手数料3300円+オンライン登録特典3000円分のポイントを貰うためには「楽天LINK」アプリを使用することが条件になっているズイ

この「楽天LINK」というのは専用の通話&メッセージアプリで、これを経由して電話をすると電話代が0円になるというもの(LINEの楽天版くらいに思っておけばOK)

 

この楽天LINKアプリを一回でも使用(アクティベート)すれば上記特典がもらえて万事OKなのだが、ここが案外面倒なのである

 

というのもまず、この楽天LINKアプリはAndroid端末でしか使えない!(楽天モバイルではiPhone扱ってないから…)

なので手元にAndroid端末が無いと楽天LINKアプリすらダウンロードできず、特典がもらえないのだ(とはいえ3300円の出費で1年間無料ではあるが)

 

第二の関門!楽天LINKアプリの認証コード届かない問題!

無事Android端末に楽天LINKアプリを入れて起動すると以下に画面が表示され、初回認証コードを入力する必要がある

 

 

ここで楽天UN-LIMITで発行された電話番号を入力するとSMSで認証コードが届く仕組みなのだが…

なんと現状では楽天回線エリア内でなければSMS(認証コード)が届かないのである!

 

つまり…

 

【楽天回線エリア外の人は、楽天リンクアプリをアクティベートするために、このご時世わざわざ楽天回線エリアに赴き、認証コードを受信しなければならない】

 

という罠が存在する!ちなみに私は車でドライブがてら楽天回線エリアまで赴いたが、公式のエリア表記よりもさらに狭い印象を受けた

まぁ、楽天リンクをアクティベートしない場合でも1年間3300円で月5GB使えるSIMと考えれば十分なのだが…三木谷ぃいい!!

 

(ちなみに一部ではカスタマーサポートに問い合わせしたところアクティベートできたという情報があるが、そもそもカスタマーサポートに繋がらないという現象が起こっているので過度な期待はしないほうが良い)

 

Android端末の相性問題、APN設定

最後の注意点は、「Android端末であってもSIMを認識しないor追加設定が必要なケースもあるということ」

古い端末などは使えない場合もあるから注意してね!という形で、一部であるがサイト内に動作確認済み機種の表記がある

動作確認済み機種ページ

 

とはいえ全ての機種を確認できるわけもなく、この辺りは値段とトレードオフかも、余程古いAndroid端末でなければおおよそ使える模様、一部APN設定が必要なケースもある

 

また楽天UN-LIMITの申し込みと同時に端末をセット購入も可能で、こちらもポイント還元のお陰で普通に端末を買うよりは安く購入できる

なにより楽天が売る端末なので上記の相性問題を考えなくて済む、MNPを予定している人にはいいかも

 

 

初代iPhoneSEよりも小さい「3.6インチ極小ボディながらおサイフケータイ機能を搭載した楽天mini」や

最近めきめきと頭角を現したOPPOのスマホ、特にReno Aはコスパ最高の一台(おサイフケータイも可)なのでポイント還元も考えると端末購入も悪くないかも

 

通信速度はまぁまぁ、今後の混雑具合で変わるかも

楽天UN-LIMITの通信速度に関しては以下のツイート

 

昼のピークを過ぎた14時頃の記録だが、MVNOのLINEモバイル(ソフトバンク回線)と比べると速度は劣る

とはいえ実際に使用している感覚としては特に不満を感じることは無い、今後利用者が増えていった際にどうなるかは不明

最低でも3300円で1年間利用可能なSIM、解約も無料なので試す価値はアリ

なんだかんだ長くなったけど、悪く見積もっても【au回線 月5GBが年間3300円】となるので二台持ちやSIM対応機を余らせている人は十分試す価値があるかなと(データSIM扱いでも月300円を割るので破格)

楽天回線エリアでAndroid端末を持っている人なら5000円貰いつつ1年間無料で使えるのでかなり熱いキャンペーン!

 

 

先着300万人までが対象とのことなので、試してみたい人はお早めに!

楽天モバイル・UN-LIMIT公式

 

ちなみに申込時に「楽天モバイルIDを入力」をONにして、クーポンコード【2020030302220】を入力すると2000円分の楽天ポイントが追加されるので使ってみてね!